8fd793a172ea39990e5c1cc62bceb459_s

押さえておくべきポイント

不動産を高く売るためには、まず売却の動機をハッキリとさせておくことが大切です。
住宅ローンの支払いが厳しくなって売却というケースもあるので、その場合は動機も最初から明確でしょうが、買い替えなどが理由だった場合、その動機が抽象的なままになってしまうことがあります。

動機がハッキリすれば、売却に向けての活動もしやすくなりますし、その活動にもいい影響を与えることができるでしょう。
価格は二の次でとにかく早く売ることが第一目標の場合と、少しでも高値での売却を目指すという場合とでは、どういった流れで売却に向けて活動していくのかが大きく違ってきます。

売却理由は秘密にしておくべき

もし売却理由が「転勤」だった場合、それを不動産会社の査定担当者に知られてしまうとなると、それが原因で価格交渉が不利になってしまうかもしれません。
売り急いでいると悟られれば、「この人は多少相場より安い査定結果でも満足するだろう」などと思われてしまう可能性があるからです。

ですからもし売却理由を尋ねられたら、「もっとライフスタイルに合った住まいに住み替えたい」といった理由にしておくと、売り急ぎを悟られることもありません。

売り出し価格はリサーチなしでは設定できない

「だいたいこれくらいだろう」という感覚で売り出し価格を設定するのはよくありません。
まずは市場価格をリサーチし、その後不動産査定を受けるようにしましょう。

売却予定の不動産と条件が似ている物件があれば、その情報をいくつか調べていくことで市場価格のリサーチができます。

また、不動産市場の今を知るという意味では、オープンハウスに足を運んでみるのもおすすめです。
自分の物件のライバルになりそうな物件には何があり、その物件の間取りや見た目などはどうなっているのかを直に知ることができるオープンハウスは、不動産売却での成功のカギを握る要素にもなりえるでしょう。

他人の意見を参考にすることも大切

不動産売却の活動に熱心になっていると、自分の考えばかりに集中してしまい、他人の意見になど耳を貸さなくなってしまうことがあります。
しかしそれでは客観的な意見というものを得ることができなくなるので、理想どおりの不動産売却を実現するためには他人の意見やアドバイスも参考にしていくといいでしょう。

客観的な視点によって、物件のウィークポイントなどがわかれば、それを売却に向けた活動へと役立てることができます。