家が売れるにはどのくらいの期間が必要?

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s

即日販売開始という訳にはいかない

不動産の販売促進活動が始まるのは、媒介契約締結から少なくとも1週間はかかると言われています。
その媒介契約の期間ですが、専任媒介、専属専任媒介の場合、3ヵ月間が1クールと法律で決まっています。

もちろん3ヵ月を過ぎても契約の更新ができますが、更新せずに契約期間が過ぎれば仲介業者の変更も可能になります。
また一般媒介に関しても、契約期間を3ヵ月以内としている場合がほとんどになります。

どれくらいの期間がかかるかは状況により異なる

オープンハウスにしてからたった1日で本格的に購入に興味を示すお客さんが出てくる場合もあれば、1ヵ月経っても2ヵ月経ってもなかなか手ごたえが出てこないなんてこともあります。

ですが、仲介業者は3ヵ月の間に一連の契約を終わらせたいと考えるものです。
そうしないと他の業者と契約される可能性が高まるので、仲介業者としては損になります。

ですから不動産売却が売れるまでの期間を考えるとき、「3ヵ月」というのはひとつのポイントとなるはずです。
販売活動開始から1ヵ月で購入検討者が現れ、2ヵ月以内に売買契約の締結へと持っていくというのが、理想的な流れになるでしょう。
そうすれば3ヵ月の間で決済までも済ませることができます。

購入希望者が現れたら

売却予定の物件を買いたいと思う方が現れると、競合を避けるために他の商談はストップになります。
つまりオープンハウスもその間はお休みになります。

ただいいなと思う物件があっても、即日で契約までもっていくというのは考えにくく、契約締結までは2週間程度かかるとされます。
もちろん、購入希望者が早く決断をすればそれよりも早く契約が締結できますし、ゆっくり考える購入希望者であればそれ以上長引く可能性もあります。
また売買契約から決済までは、だいたい1ヵ月かかりますから、不動産売却ではいろいろと待つ期間も出てくることになります。

物件引き渡しまでも含めると

決済までなら3ヶ月間やそれ以下でも完了させることができますので、家が売れるまではだいたい3ヵ月かかることが多いと考えることもできるでしょう。

ただ決済が済んでも、物件の引き渡しが完了していなければ、まだ取引は完了しているとは言えません。
物件の引き渡しが完了するまでには、売り主側も買い主側も引越しなどの準備が必要ですから、おいそれと簡単にはできるものではありません。
これらを踏まえると、不動産売却が完了するまでにはおよそ5ヶ月間かかる場合もあると考えられます。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ