相場の調べ方

1a584462a961d817b72103730a597bf2_s

売却したい物件の相場を知る

不動産の相場を専門的に調べようと思うと、いろいろと難しい作業が必要になってきます。
ですが中古マンションや中古住宅の情報を調べるサイトを利用すれば、自分が売りたい物件と似たような条件の物件がどの程度で販売されているかを調べることができるので、それが相場のリサーチにつながります。

ただそういったサイトに出ているのはあくまでも販売価格ですから、実際に手元に入るのはそれよりも少ない額になります。
不動産会社への仲介手数料などが差し引かれますので、それも考慮しなければなりません。

不動産売却のシミュレーションを

ここ数年前から多く登場するようになった不動産一括査定サイト
そこを利用すれば、自分が売りたい物件の市場価値というものをシミュレーションによって知ることができます。

物件種別、都道府県、市区町村、所在地、建物面積、間取り、築年数といった情報をメールフォームに入力し送信することでシミュレーションが行えます。
建物面積や間取りなどに関しては、シミュレーションですのでだいたいの情報を入力してもらっても構いません。
ご入力は1分程度で完了しますから、気軽に利用できるでしょう。

相場をおおかた把握したら

不動産の相場のリサーチに関しては、正確なデータを求めることが目的ではありません。
だいたいの相場に関するデータを把握することが目的になります。
そうすれば、実際に査定をしてもらったときにその査定が適切なものであるかどうかを判断できるからです。

そして相場をだいたい把握した後には、不動産売却に向けての活動をさらに本格化させましょう。
売却を先行させるのであれば、いつまでには売却したいのか期間を決めておく必要がありますし、自分が売りたい物件のアピール材料についても自分なりに考えていく必要があるでしょう。

不動産相場を知る指標となるもの

不動産相場のリサーチでは、公的機関による情報が用いられることもあります。
たとえば地価公示ですが、これは国土交通省によるものです。
また地価公示と似た名前のものに地価調査がありますが、これは各都道府県が実施しています。

この他にも国土交通省は、土地総合情報システムや不動産価格指数(住宅)といった価格情報を提供しています。
こういった情報から参考になる情報を抽出するのは難しいかもしれませんが、もしそれが苦ではないというのなら、これら価格情報を参考にして相場のリサーチをするのもいいでしょう。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ