be64d86ab12abcb77daf20ec4ef9a35b_s

マイホームの種類いろいろ

マイホームと一言で言っても色々な形があります。
土地もその上に立つ建物もどちらも自分のものという家もあれば、土地は別の人のもの、その上に立つ建物は自分のものという家もあります。
前者を所有権付き住宅といい、後者を借地権付き住宅といいます。

所有権付き住宅であれば、土地も建物も自分のものなのですから、特に気になることはありません。
しかし、借地権付きとなると話は別です。

昔は当たり前だった借地権付き住宅ですが、今は借地権付きと聞いただけで『人の土地を借りて家を建てるなんて嫌だ!』と思う方が多いのです。

借地権付き住宅は売るのが難しい?!

このような状況では、借地権付き住宅にすでに住んでいる方が、家を売りたいと思った時が少々大変です。
借地権付きというだけで購入希望者が減ってしまうという問題点と、さらには家を売るという許可を土地所有者に承諾してもらわなければならないからです。

土地を売るということに対し、どういう反応があるか分かりません。
また、土地も建物と一緒にセットにして売ることはできないか?という話をすることもできますが、こちらもどういう反応を示すかわかりませんね。

建物だけを売るにしても、借地権付き住宅ではなく所有権付き住宅にするために土地も一緒に売るにしても、土地を所有している人に承諾してもらわない限りは売ることができないのです。

これは建物を売りたい人にとって大変困った問題です。
こちらの話に賛成してくれる地主さんであればよいですが、世の中には色々な考えを持っている人がいますので、絶対に土地は譲れない!という考えの方がいても不思議ではありません。

頼りになる不動産業者に相談しよう

これでは、借地権付き住宅を売ることができないではないかと思うかもしれませんが、それは違います。
土地所有者とあなたの間に、不動産業者が入ってもらうことで話がスムーズに進むこともあります。

建物を売るときは、不動産業者に相談し、買い手を見つけてもらうのが一般的ですから、建物を売りたいという考えがあるならば早い段階から不動産業者に相談しておくことが大切です。

ここで重要になるのが、信頼感の厚い不動産業者に相談することです。
何の力にもなってくれないようでは、時間のむだです。

こちらの意向を聞き、そのためにはどういう行動をとればいいのか、法律を交えながら具体的に考えてくれる不動産業者であれば、理想的な売却が実現する可能性も高くなるのです。
相談先は慎重に選び、後悔のないようにしましょう。