924f99cd8b28e13390552602d0db2988_s

購入希望者へのアピールも考えて

不動産の売却が決まってから次の住まいを探す場合、内覧会を開くと言っても家具などをすべてゼロにすることはできません。
まだそこ売り主が住んでいるわけですので、内覧に来る方もその点は心得ているでしょう。
しかし、そうは言っても普段のままでというわけにもいきません。
内覧会に限らず、お客さんを自宅に呼ぶときには掃除や片付けを心がけるでしょうから、内覧会に備えてそれも行いたいですし、ご不要な家具などは早めに処分をしてもいいでしょう。
そうすれば、物件を少しでもスッキリと見せることができます。

家具は売買対象には含まれていない

先に住むところを決め、そこに引越してから不動産売却の活動をスタートさせることもあります。
その場合、家具は新居へと持っていくか処分するかになります。
引越しによって間取りの規模がそこまで変わらないのなら、場合によっては処分する家具はゼロになるかもしれません。

しかし、ライフスタイルの変化での住み替えなどだと、一戸建てからマンションへというように、引越しで間取りの規模が大きく変化することがあります。
そうなると家具を処分しないわけにはいきませんが、もし家具としての価値があると思えるようなものをお持ちなら、すぐに処分をしないという選択も出てきます。

家具は売買対象ではないですが、売り主と買い主との間での家具の引き継ぎはめずらしいことではありません。
有償か無償かは話し合いによって決められますが、処分するよりはそっちのほうがいいと思うなら、話し合いを持ちかけてみてもいいでしょう。

照明器具やエアコンについて

家具の引き継ぎよりも多くあるのが、照明器具やエアコンの引き継ぎです。
部屋数が多ければ、照明器具やエアコンの数もバカにならないので、それらが引き継いでもらえるだけでも売り主にとっては助かるかもしれません。

もし不動産売却において、家具類をすぐには処分しないということになったら、一時的な保管ができるトランクルームなどを利用するといいでしょう。
また、すぐに処分をするにしても、どういう方法で処分をするのかを一度考えてみる必要があります。

粗大ゴミとして処分するしかなさそうなものだったら仕方がないですが、値段がつきそうなものならリサイクルショップやネットオークションなどを利用して手放すようにすれば、わずかかもしれませんが売上を期待することもできます。
このように工夫をしながら、家具類の処分を行っていきましょう。