854e611c8d22f28602d193aca8ebb3f3_s

売却への下準備として

不動産売却では、不動産会社は査定だけではなく調査も行います。
権利上や法令上の問題を抱えている物件ではないかなどの調査を行ったうえで査定を実施します。

調査・査定後、不動産売却を正式に依頼するとなれば、媒介契約への手続きへと移っていきます。
媒介契約には、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約があり、それぞれで契約や手続きの内容も変わってきます。
専属専任媒介契約にした場合は、そこで契約した不動産会社以外とは媒介契約を結ぶことはできません。

各種販売活動の開始と不動産売買契約

媒介契約が締結されれば、今度は不動産の販売促進活動が行われていきます。
チラシやWEBサイトなどを利用しながら行われていく販売促進活動が実を結び、晴れて買い主が現れた場合には、不動産売買契約へと移っていきます。

売る側と買う側の意志の合致の後、重要事項の説明が行われます。
また売買契約の締結に際しては、手付金の受取も発生します。

もちろん、不動産売買契約を結ぶにあたっては不動産会社の宅建取引主任者が説明をしたり担当者がサポートをしてくれたりしますが、それに頼るばかりにならないようにしていき、不明点はしっかりとクリアにしていくことが大切です。

引き渡し前の準備

不動産売買契約が無事締結すれば、今度は売り主の方に物件を引き渡すための準備を行っていきます。
この準備の中には、借入金の返済や手続きに必要な書類の用意なども含まれますが、この他にも水道・ガス・電気会社への連絡など、通常の引越しと同様の準備も含まれます。

もしお子さんがいらっしゃって、学校の転校も必要になる場合には、そのために必要な書類も用意しなければなりません。

残りの代金を受け取るとき

引き渡しの準備が整い、いよいよ引き渡しとなったときには残代金の授受も行われます。
そこではまず、登記申請の必要書類を確認し、残代金の授受を行います。

そのあとには固定資産税などの清算や管理規約やパンフレットなど、各種関係書類の授受を行っていきます。
こうした書類関係の授受が済んだら、カギの受け渡し、諸費用の支払いへと移っていきます。

このように不動産売却で必要となる手続きや書類は非常に多く、その流れを正確に把握するのは簡単ではありません。
ですがこの一連の流れは、不動産のプロたちがサポートしてくれます。
用意すべき書類などについても、もちろん説明がありますし、チェックリストなどの便利なものも今はネットで簡単に見ることができます。