競売と任意売却の違い

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s

いろいろな違いのある競売と任意売却

競売と任意売却では、まず売却価格という部分で違いがあります。
任意売却の場合は市場価格に近い価格で売却することができる一方で、競売の場合市場価格の約5~7割でしか売却することができません。

そして、競売ということになると、プライバシーに関しての問題も出てきます。
競売をしているということが、近所や職場に知られることもあるため、それは大きなデメリットになります。

一方で任意売却であれば、その事情を知られることなく売却をすることが可能です。

引越し代や現金が残る可能性

売却が済んで家を出ることになれば、当然それまで住んでいた家から引越していかなければなりません。
引越しをするには費用がかかりますが、競売の場合はその費用のねん出が不可能になってしまいます。

一方で任意売却なら、そのねん出も可能です。
そして売却によって現金が残る可能性についてですが、競売に関してはその可能性はほぼないですが、任意売却ですとその可能性が残されています。
また残債務の交渉についてですが、競売はその交渉ができませんが、任意売却であればその交渉ができます。

競売にはメリットがない

競売に関しては、メリットと言えるようなものはないと思っていいでしょう。
上記の任意売却との比較でもおわかりなように、競売の場合はデメリットばかりが目立ってしまいます。
だからこそ、競売に踏み切られてしまう前に任意売却を選ぶ必要があるのです。

任意売却であればメリットが豊富で、手持ち金の持ち出しは一切行われませんし、身内の方などの協力があれば、任意売却の場合はその家に住み続けるという可能性もあります。
また、一定期間が過ぎた後であれば買い戻しも可能になります。

今後のことを考えても任意売却が安心

任意売却と競売とを比較すると、販売価格や残債務などで大きな違いが出てきます。
残債務の額が数百万円違うなんてこともありますから、競売になった場合は自己破産などのリスクも高まってきます。
住宅ローンが支払えなくなる可能性はどんな方でも持っていますから、競売や任意売却というのは他人事ではありません。
もし住宅ローンの支払いが難しくなり返済滞納が起こってしまったとしたら、早めに行動していくことが大切です。
そうすれば任意売却というメリットの多い方法で売却をすることができます。
もちろん、こうした悩みは法律の専門家へと相談することができるので、その相談も重要になるでしょう。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ