家を売る際のお掃除で気をつけたい事

373eb51b07b6c381e7a9ca63e15818ee_s

不動産査定の前に清掃は必須!

マンションや一戸建てを売るときは、少しでも高く売れるよう、不動産業者が査定に来る前にできることがないかを考えていきましょう。

おそらく、掃除をした方が査定が良くなるのでは?と思う人が多いはずです。
汚れた状態で査定してもらうのと、綺麗に磨き上げた状態で査定してもらうのとで査定額が変わることは簡単に想像できますね。
また、掃除は自分の手で行うことができるため、すぐに実行でき手間がかかりません。
不動産査定の前には清掃をする!これはとても大切なことです。

清掃をするうえで気をつけたいこと

しかし、清掃をすることが大切とは言っても、やり過ぎには要注意です。
お金をかけずにできる清掃を入念に行うことには何ら問題はありません。

問題なのは『お金をかけた清掃』です。
長らくそこで生活していると、いくら気をつけていても壁紙が汚れたり傷がついたりします。
和室なら畳のほつれなども気になります。

そこで、査定をしてもらう前に壁紙や畳を綺麗にしておこう!と考える人もいます。
これこそが『お金をかけた清掃』です。

手のかけ過ぎにはご用心

壁紙を自分で変えることはできませんし、畳やフローリングも同様です。
業者を呼んで綺麗にしてもらえば、かなりの出費となります。

お金をかければかけるほど、実に綺麗な状態に仕上がることは間違いありません。
しかし、査定額でこの出費にかかった分を考慮してくれるという保証はどこにもないのです。

せっかく綺麗にしたのに・・・と査定額にがっかりするという状況は何としても避けなければなりません。
壁紙の汚れをふき取る分には問題ありませんが、大幅な修理はかえって損をしてしまうのです。

あくまでも自分でできる範囲で

清掃をはじめると、ここが気になる、あっちも気になる・・・と色々と手直ししたい部分が出てくるかもしれませんが、あまり過度に手をかけてはいけないということをしっかり頭に入れておきましょう。

また、お金を節約するために自分で壁紙を張り替えてみたり、傷を隠そうと努力する方も多いですが、修理作業を仕事にしている人でもない限り、自分で直そうとして余計に傷を目立たせてしまうという事態に陥りがちです。

難しそうだなと思うことは最初から手を出さない!これが鉄則だと言えます。

マンションなら玄関から中を綺麗にすれば、外観まで気にする必要はありません。また、持ち家の場合は建物だけでなく庭や周辺の雑草を取り除いたり落ち葉などを綺麗にしておくと良いでしょう。

まだたくさんの荷物がある場合は、なるべく一か所に集め、部屋が広く見えるように工夫をすることも有効な方法です。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ