仲介手数料はどれくらいかかる?

35a04f6211a3e9c78c22a7c6b16b3ecd_s

不動産売却を不動産業者に依頼すると・・・

不動産を売りたいと思っても、自分で買ってくれる人を見つけることは難しいですね。
そこで不動産業者に依頼して、買い手を見つけてもらうことになるわけですが、売れた金額をすべて自分の手にできると思ってはいけません。
不動産業者に仲介に入ってもらった結果、買い手が見つかったわけですので、不動産業者に仲介手数料を支払わなければならないのです。

気になるのがどのくらいの金額になるのか?ということでしょう。

もし手数料が膨大な金額で、これなら不動産を手放さなければ良かった…ということがあっては困ります。
まずは仲介手数料について正しい知識をもちましょう。

仲介手数料の上限は法律で決められている!

仲介手数料は不動産業者に仲介を依頼した時点で支払うものではなく、買い手が見つかり、売買契約が成立した後で支払うものです。
そのため、依頼しても買い手が見つからなければ支払う必要はありません。

手数料の金額については、宅地建物取引業法第46条で定められています。
法律で定められているということは、ブラックな不動産業者でもない限りは恐ろしいほどの手数料を請求される心配はなさそうですね。

仲介手数料について詳しく見ていこう

仲介手数料は3つに分類されていて、売買代金に応じて%で示されています。
まず、200万円以下で売れた場合は仲介手数料は5%以内(税抜)と定められていて、200万円以上400万円以下の場合は4%以内(税抜)、400万円を超えると3%以内(税抜)となっています。

この定められている割合を超えていなければ、不動産業者で自由に手数料を設定できます。
ただし、不動産業者も利益をあげなければなりませんから、上限額いっぱいの手数料を請求する場合がほとんどです。

もし不動産が300万円で売れたとしたら、4%以内の手数料となるため、300万円×4%=12万円となり、ここに消費税8%を加えると9600円が上乗せされ、合計は129600円になります。
この金額を高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょうが、不動産の売却を業者に依頼するときにはこのくらいの金額を手数料として払わなければならないということを予め理解しておくことが大切です。

予め費用を算出しておくと安心!

その他にも印紙代や抵当権抹消登録費用などが必要ですし、ローンが残っている場合はローンの返済に充てなければなりません。
不動産を売った場合、手元にいくら残るか?をきちんと計算しておくことが大切です。
売ったあとに後悔することがないように、事前に準備を整えておき、売って良かった!と思えるように態勢を整えておきたいですね。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ