更地にした方が高く売れる?

70971df0290e57c63e5d915e3d58d0a9_s

更地にすることがプラスに働くケースばかりではない

ここ最近は更地の需要が高まっていることもあって、土地付き中古住宅を手放そうとしている方の中には更地にして手放そうと思っている方も少なくありません。
しかし、すべての土地付き中古住宅が更地にしたほうが売れやすくなるとは限りません。

まず、更地にすることでメリットを得やすくなる条件としては、第一に「物件が古い場合」、第二に「手を加えなければその物件には住めない場合」があります。
購入者が物件を取り壊すことが濃厚と思われるような状態であれば、更地にしたほうがスムーズな不動産売却ができるかもしれません。

一方で、更地にすると固定資産税がこれまでの4倍近くにまでアップしてしまう場合や、解体費用が多くかかる場合は更地にしないほうがメリットを得やすくなります。

家の解体にはどれくらいのお金がかかる?

解体費用は、その土地の坪数や構造によって変わってきます。
目安ではありますが40坪の木造の家を解体する場合は、120万円~160万円程度が相場となります。

一方でRC住宅の場合は木造と同じ40坪という坪数でも、解体費用の相場は200万円~240万円程度と高めになっています。
このように解体費用はそう安いわけではありませんから、売り主の経済状況にもよりますが、更地にしたいからと言ってそう簡単に更地にできるわけではないということも理解しておきましょう。

だからこそ、どうせ更地にするなら更地にして買い主に見せたほうが売れやすいのでは?と思われるかもしれませんが、それは一概には言えません。

新築ではなく築年数が長めの物件のリノベーションを想定している買い主もいるわけですから、古い物件なら迷わず更地というわけでもありません。

解体費用を値切られる場合も

買い主が解体することが予想されるような物件の場合、その購入希望者が解体費用を値切る可能性もあります。
そうなってもいいように、あらかじめ解体費用にかかるであろう金額分を不動産の販売価格にプラスしておくという方法もあります。

そうすれば解体費用を値切られたとしても損をした気にはなりませんし、値切りにも応じやすくなるため、値切り交渉が実現すれば購入したいと思う購入希望者を逃してしまうこともありません。

更地にするかどうか迷っている場合は、更地にしたほうが高く売れるかどうかよりも、更地にしたほうがスムーズに売れるかどうかを考えていくといいかもしれません。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ