ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

住民票の移動は14日以内に!

引っ越しをすることになり、家を売却する場合には住民票を移動させなければいけません。
引っ越し準備や電気・ガス・水道の解約などで忙しく、とうっかり移し忘れてしまうことが多い住民票ですが、引っ越しをした際の住民票の移動は必ずしなければいけないものと義務付けられているのです。
ここでは、住民票を移動させる際に気をつけなければいけないポイントについてご説明しましょう。

まず最初のポイントは、住民票を移動させなければいけない日数です。

住民票の移動手続きは、引っ越しをした日から14日以内にしなければいけません。
もしもその期間内に住民票の移動手続きをしなかった場合には、過料という5万以下の罰則金が発生することがあります。
ただ、例外として1年に満たない期間での引っ越しや、大学生や専門学生が卒業後に実家に戻ることが決まっている場合などは、住民票を移さなくても良いとされています。
こういった場合は、役所や裁判所にきちんと理由を説明する必要がありますので、早めに申告をするようにしましょう。

荷造り前に転出届けを出そう!

次のポイントは、住民票を移動させるタイミングです。
住民票移動の手続きを行う際、同じ市町村内で住所が変わる場合は住んでいる地域の役所で住民異動届を出すだけで良いのですが、違う市町村へ引っ越しする場合は、引っ越し前の市町村で転出届を出し、引っ越し後の市町村で転入届を出さなければいけません。

引っ越し前のバタバタしている時は、うっかり転出届を出し忘れてしまいがちです。
しかし、転出届けを出さずに引っ越しをしてしまった場合は、引っ越し先で転入届を出すことができなくなります。
転入届の提出を引っ越し後の14日以内にしなければいけないように、転出届けの提出も、引っ越し日前の14日前からできるようになります。
引っ越し日前の14日前ならばまだそこまで忙しい時期ではありませんし、電気やガス、水道などの契約解除でバタバタしていることもないので、転出届けが出せる時期になったら、早めに出すようにしましょう。

印鑑証明の登録も忘れずに!

最後のポイントは、印鑑証明についてです。
住民票を移動させると、印鑑証明も一時廃止されてしまいます。
引っ越しが済み、転入届を出す際には印鑑登録も忘れずに行うようにしましょう。

以上3つが住民票を移動させる際のポイントです。
引っ越しをし、家を売却する際には必ず住民票を移動させる必要があります。
この3つのポイントをしっかりと守り、忘れずに住民票を移動するようにしましょう。