家を売って後悔しないた為に知っておくべき事

7049d21f365f6c1656d5509bc1f7c0d6_s

「貸す」という選択肢があることも忘れない

さまざまな理由で不動産売却を考えたとき、もうひとつ考えていただきたい選択肢があります。
それが「貸す」という選択肢です。

一戸建てはもちろん、分譲マンションとして購入したひと部屋を賃貸物件として活用することも可能になります。
賃貸物件のオーナーとなれば、たとえその物件数がひとつであっても管理などの新たな手間や空き部屋のリスクが発生しますから、すぐには判断できないかもしれません。

しかし、その物件のある地域では賃貸物件の需要が高いなどと判断できるのであれば、賃貸という選択を改めて考えてみてもいいかもしれません。
その上で不動産売却するかどうかを決めていけば、売却した後で「やっぱり賃貸物件にしておけばよかった」と思うこともないのではないでしょうか。

不動産売却の「仲介」と「買取」

不動産売却において、不動産会社が売り主と買い主の仲介役となって取引を進める方法が「仲介」になります。
一方で、不動産会社が買い主となる取引を「買取」と言います。

少しでも早く中古物件を現金化したいといった場合は、買取がおすすめになります。
ですが不動産会社は、その買い取った物件を中古物件として販売して利益を得なければなりませんので、仲介よりも売り主の手元に入る金額は少なくなってしまいます。

それに納得をして買取を選ぶのであればいいですが、仲介であれこれと取引をするのも面倒だからといった理由で買取を選んでしまうと、後悔へとつながってしまうかもしれません。
少しでも高く売りたいのであれば、やはり買取ではなく仲介を選ぶべきでしょう。

「ゆっくり時間をかけて売る」は間違い?

なかなか買い主が現れなくても、いつかは希望価格で買ってくれる買い主が現れるのだから、そのときまでゆっくり待つことが大切なんてことを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
確かにそれは、昔であれば通用したかもしれませんが、今の時代は通用しません。

ゆっくり時間をかけたがために、不動産売却を始めた頃よりも不動産の相場が下がるなんてことがザラですから、売ろうと思ったらなるべく早く買い主を見つけて売却するというのが理想的です。

そのためには、多少の値下げをしてお得感を出すことなどが有効となることもあります。
「焦らなくても大丈夫だから」とこれと言った打開策を講じないまま、ただ待っているだけでは、不動産売却でいい結果を得ることは難しくなるのではないでしょうか。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ