リフォームした方が高く売れるのか?

513d8a73fc5268ed6a7a098991882bd4_s

築年数が比較的長くなれば、室内にも汚れや古びた感じが目立ち、「このままの状態では買い手がつかないだろう」という気持ちにもなります。
そのような考えから不動産売却のためにリフォームを選択するケースもありますが、リフォームによって高く売れるかどうかは一概には言えません。

リフォームと言ってもその規模は幅広く、壁紙やフローリングの張り替えといったその気になれば自分でもできそうなものから、リノベーション物件かと思うほどがらりと印象を変えてしまうリフォームまでさまざまです。
この場合費用としてはもちろん前者が低くなりますが、前者の場合はそれを行ったことで得られるプラスが発生しないなんてことも起こりえます。

一方後者の場合は、費用が高くかかる分リフォーム前より高く売れる可能性も高まりますが、だからと言ってプラスが出るとは断言できないのが現状です。

自分でリフォームの段取りをしたい買い主も

売り主の中には、「古い物件ならリフォームをしてキレイにしてあげたほうが売れるだろう」と思い込んでいる方もいるかもしれません。
もちろんそれを求める買い主もいますが、それとは反対にリフォームやリノベーションについてはこっちが全ていちから決めていきたいと考える買い主もいるのです。

後者の場合、いかにして中古物件の購入価格を抑えるかというのが目標とされるため、リフォームやリノベーションで販売価格が上がってしまった物件は見向きもされなくなるということになります。

どちらの買い主をメインターゲットとして不動産売却をしていくのかによって、リフォームをするのかしないのかも変わってくるのではないでしょうか。
壁紙の張り替え程度であればそのいずれもターゲットにすることができるかもしれませんが、その程度のリフォームですとあまりアピールポイントにならないことがあるので、そうであれば最初から何もリフォームをしないという選択ももちろんあります。

リフォームの準備にも当然手間がかかる

不動産売却のためのリフォームが悪いとは言いませんが、いくら小規模なリフォームでもそれをしようと思えば新たな準備や手間が発生します。
不動産売却の最中は何かと忙しいですから、その中でリフォームを行う余裕があるのかどうかも、あらためて考えてみるといいかもしれません。
リフォームをしたことで早期売却が実現できたという例もありますから、どんな計画で不動産売却を進めるのかによっても、リフォームに対する判断は変わってきそうです。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ