近所の人間関係が原因で家を売る場合

0bbb95c85651b953611416fe76c70bf1_s

なぜ家を売るのか、理由は様々あるけれど…

家を売る理由は実に様々です。
なぜ家を売るのかと質問されて堂々と答えられる人もいれば、本当の理由は言いたくないという人もいるでしょう。
堂々と答えられる理由として代表的なものは、転勤で引っ越すことになったとか、同居が決まったからなどでしょう。

反対に理由を言いにくいのが、近隣トラブルや借金問題です。

家は生活の基盤となる場所であるだけに、近隣トラブルに悩み疲れ、家を売る決断をされる方も少なくありません。
近所で大声を上げる人がいる、何かと文句をつけてくる、騒がしいなど…いろいろな理由がありますが、家を売る際にこうしたマイナスイメージの強い理由を言ってしまうと、家が売れなくなってしまうのではないか?と心配する人もいます。
確かに、何かしら問題のある家であれば、買いたいと思う人が少なくなることは容易に想像できます。

しかし、売れないと困るからと、本当の理由を隠して売るのはできれば避けた方が無難です。

不動産業者には偽りなく報告を

近隣トラブルは絶対に話しておかなければならないという決まりはありませんが、売却を依頼する不動産業者にはありのままの状態を伝えるのがベストです。
その話を聞いたうえで、不動産業者がどういう宣伝をして家を売りに出すのかは不動産業者にお任せすべきでしょう。

誰にも真実を伝えずに家を売り、不動産業者も何も知らずに買い手が見つかった場合、実際に住み始めてから問題が発生したらどうなるか考えてみてください。
まず、買った人が不動産業者に文句を言うに違いありません。
「こんな迷惑な人が近所に住んでいることを知っていたら、こんな家は買わなかった!契約を取り消したい!」とひどく怒るかもしれません。

不動産業者も何も知らなかったのですから、売却を依頼した当事者に確認を取ります。
ここで近隣トラブルが原因で家を売ろうとしていたことが分かると、場合によっては損害賠償請求という大変大きな問題に発展してしまうかもしれません。
このような問題が発生するくらいなら、予め事実をはっきりと伝えておく方がずっと安心です。
もし売り手がなかなか見つからなかったとしても、裁判沙汰になる可能性があるのなら、きちんと事実を伝えておく方が良いことは確かです。

問題は正直に話しておこう

また、近隣トラブルだけでなく、シロアリや雨漏りといった問題は、家を買う側にとって大変大きな問題ですので必ず告知しなければなりません。
家が売れさえすればいい!という考えは捨て、現在の状態に納得して買ってくれる人を見つけようという考えが大切です。
いずれにしろ、不動産業者には正直に話をしておくことがベストです。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ