2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s

必要書類は早めに用意しておこう

家を売ろうと決めたら、不動産業者に依頼するだけで良いと思っている方はいませんか?
確かに不動産業者に相談することが家を売るための第一歩となりますが、必要な書類を用意しておくことも忘れてはなりません。

必要書類の用意がはかどらないと、予想以上に家が売れるまでに時間がかかってしまうこともありますので、家を売ろうかなと検討しはじめたら、必要書類についても確認しておくことが大切です。
では具体的にどのような書類が必要かをご説明していきましょう。

具体的に必要な書類は?

まず、その家を買った時の売買契約書が必要となります。
家を買った頃にはまさか後々売ることになるなど考えもしなかったという方が多いかもしれません。
そのため、売買契約書をどこに保管してあるか分からない、どこを探しても見当たらないと困る人もいます。
しかし売買契約書はとても大切な書類ですので、お金や通帳と同じようにしっかり保管しておくことが大切なのです。

すでに紛失していて見当たらない場合には、契約書にかわる書類が必要となります。売買契約書の中でも特に大切なのが購入金額が書かれている部分ですので、購入額が分かる書類があれば代用できる可能性も高くなります。

続いて必要な書類が土地と建物の登記簿謄本です。
登記簿謄本は法務局で手続きすることで手に入りますが、直接出向く時間がない人は郵送で自宅まで送ってもらうこともできます。

他には、土地測量図や重要事項説明書、家の図面・仕様書などが必要になります。

分からないことは不動産業者に相談を

こうして見ていくと、書類を集めるだけで苦労しそうだなと感じるかもしれません。
しかし、登記簿謄本を除き、その他必要になる書類というものは、家を購入する際に渡された書類にたいがい含まれています。
そのため、家を購入した書類をそのまま大切に保管しておけば、家を売るときに書類を用意するために苦労するということがないのです。
ただし、家を買いたい人が見つかった場合には、引き渡す際に登記済権利証や固定資産税納付書などその他にいくつかの書類が必要になります。

必要書類について分からないことがあっても、家の売却を依頼する不動産業者が指示してくれますので、過度に心配することはありません。
特に不動産売買に関する書類は言葉も様式も難しい物が多いため、気になることは小さなことも不動産業者に確認するようにしましょう。
家を所有している人は、これから先もしかしたら売ることになるのかもしれないという認識を持ち、実際に売ることになったときに時間をかけずにスムーズに売却手続きがとれるようにしてください。