ハウスクリーニングは必要か?

6d21607cbb1d304068d540e343f87825_s

水回りの頑固な汚れを取り除くために

不動産売却を成功させるためには、いかにして購入希望者に「中古だけれど状態はキレイだな」と思わせることが重要です。
そのためには、ハウスクリーニングは有効な手段になってきます。

ただ必ずハウスクリーニングをすべきというわけではないですし、それをするためには費用もかかります。
フローリングなどは自分自身で掃除をしたとしてもキレイにしやすい部分ではありますが、キッチンやお風呂といった水回りや、換気扇などはプロの手に任せると見違えるようにキレイになるということがあります。

内覧をされる方は必ずと言っていいほど水回りをじっくりとチェックしますので、そこがキレイであればそれだけで物件が与える印象も変わってきます。

どこまでをハウスクリーニングしてもらうのか

物件の中すべてをハウスクリーニングしてもらった場合は、相当な費用がかかることになるでしょう。
そうなるとなかなかハウスクリーニングをやってみようという気にならないのではないでしょうか。

費用が気になるのなら、汚れが気になりやすい水回りなどに限定してハウスクリーニングを依頼してみるといいでしょう。
そうすれば費用も抑えられますし、先ほども申し上げたように内覧をする方がよくチェックする部分を徹底的にキレイにすることができます。
ハウスクリーニングも一種の先行投資ですから、それをしたほうが不動産売却が円滑に進むだろうなどと思うのであれば、それを実行に移すという選択もおすすめです。

また不動産売却の最中は売り主側が忙しい場合もあるので、忙しいからという理由でハウスクリーニングを利用することもあるでしょう。

一戸建てなら外壁の清潔さも重要

一戸建てを不動産売却に出し、そこに内覧者が訪れたとします。
そこでまず目に入ってくるのが物件の外壁の状態です。

汚れやひび割れがないかなどをさり気なくチェックしてから、家の中の様子を見ていくという内覧者も少なくないでしょう。
汚れについては高圧洗浄機でキレイにすることもできますし、これもまた業者に頼むということも可能になります。
ひび割れについては業者に頼んだほうが安心でしょうが、ハウスクリーニングと補修工事はまた別の話になってきます。

もし外壁の掃除をやる余裕もあるのなら、それも行ったほうが一戸建てとしての見た目をよくすることができるはずです。
ただ汚れによっては、外壁の塗り替えでないと対処できない場合もありますが、その場合は塗り替えをせずに売りに出すという選択もあります。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ