諸経費を払うお金がなくても家を売却できる?

2f3bdb5845be8cc6611e96568edd7534_s

家を売るにあたり発生する費用

家を売れば利益が出るに違いない!と簡単に考えることはできません。
買った当初よりも安い金額でしか売れないことはよくありますし、家を売る際には様々な費用を支払わなければなりません。

家を売るには不動産売却を得意とする不動産業者に依頼して買主を探してもらうのが一番簡単な方法です。

しかし、この方法で買主が見つかったときには、不動産業者に仲介手数料を支払わなければなりません。
たとえ不動産業者の仲介を必要としない場合でも、譲渡税や登記費用、印紙代などは必ず発生します。
また、家を売って別の場所に引っ越す場合には引っ越し費用もかかってきます。

これらの諸費用を考えると、そう簡単に「家を売ろう!」と決意できないかもしれませんね。
実際に、こうした費用が払えないから、家を売りたくても売れないという方もいるでしょう。

家を売ってから諸費用を払えばOK

しかし、家を売る際に必要なこれらの費用が現在用意できないとしても、実は問題ありません。
というのも、上記のような諸費用というものは、家が実際に売れた後で支払うべき費用だからです。

不動産業者への仲介手数料も、実際に売れなければ支払う必要がないお金ですので、買いたいという人が見つからない場合は仲介手数料も発生しません。
ですので、家が売れたら、売れた金額の中から諸費用を支払えば良く、今の段階でお金が足りないから家を売ることができないと考える必要はありません。

住宅ローンが残っている場合は要相談

ただし、問題は住宅ローンが残っている場合です。
住宅ローンが残っているけれど、家を売りたいという方もたくさんいるでしょう。

この場合は、住宅ローンを組んでいる金融機関や不動産業者と相談して、任意売却という形で家を売ることができます。
ただし、任意売却はあくまでも住宅ローンを組んでいる金融機関が了承してくれない限りは難しい行為ですので、どなたでも可能ということではありません。

諸経費が払えないから、住宅ローンが残っているから…などの理由で家を売ることができないと諦めている方は、一度不動産業者に相談することをお勧めします。
不動産売却に関する知識がある方ならきちんとした対処法を見出すことができるでしょうが、そうでない方がいくら悩んでみても適切な答えは見つからないでしょう。

それよりも、信頼できる不動産業者に相談し、今の状態で家を売ることができるのか、売る際に気をつけなければならないことはあるのか?など気になることは何でも相談する方が解決が早くなりますよ。
諸費用の問題も住宅ローンの問題も、納得のいく形で解決でき、満足のいく売却が実現する可能性は十分ありますので諦める前に相談してみてください。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ