離婚の場合の家の売却を考えてみる

f10372d8b46b5be61bd17632244d9f2b_s

不動産売却と離婚の関係

離婚がめずらしい時代ではなくなっている今、不動産売却の理由をたどるとそこに「離婚」が隠されていることも少なくありません。
たとえば離婚によって奥さんがお子さんを連れて家を出たとします。
残された旦那さんがそのまま住宅ローンを支払い続ければ、その家を維持することができますが、すぐに再婚する予定もなければ一人で家族向け物件の住宅ローンを支払い続けるというのもなかなかツラい話です。

また奥さんの収入もあてにして住宅ローンを支払っていたのなら、やむなくその家を手放すということになります。
このような理由から、住宅ローンが残っている場合には離婚によって不動産売却をするケースも多いと言えます。

住宅ローンの残りを返し切れるのかどうか

マイホームを手に入れたばかりでの離婚なら、住宅ローンの残りも相当な金額になっています。
その住宅ローンの残りにはまず、不動産売却で得たお金をあてます。
それでもまだ住宅ローンが残っているのなら、貯金をあてることになります。

こうした方法で無事住宅ローンが返せるのなら大した問題ではないですが、そうもいかない場合があります。
もしそうなれば、任意売却という選択肢も出てきますが、それまで住宅ローンの滞納などがないのなら任意売却もなかなか実行できません。

離婚による不動産売却ですと、夫婦お互いの貯金を切り崩してなんてこともしにくくなりますから、不動産売却などを行っても住宅ローンが残ってしまいそうだというときには、税理士などの専門家に相談をすると安心です。

離婚で連帯保証人を抜けることはできない

住宅ローンを夫名義で組んだ場合、その妻が連帯保証人になることは多いです。
その場合、離婚をすればもう夫とは他人なわけだから連帯保証人からも当然抜けているだろうと思うかもしれませんが、そうではありません。

ですから離婚をして出て行った家のローンがまだ残っていようが、私には関係ないなどとは考えることはできないのです。
不動産売却などで無事住宅ローンを完済できるのなら元夫に後の処理は任せっきりというパターンも多いかもしれませんが、そうでなければお互いに話し合って協力する必要があるでしょう。

皆さんの中には、せっかく家族念願のマイホームを手に入れたばかりなのに離婚なんてあり得るのかと思う方もいるかもしれません。
しかし実際は、マイホームが離婚の要因のひとつになることもあるのです。
だからこそこうした問題は、他人事ではありません。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ