意外と忘れがちな火災保険の途中解約

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s

火災保険は途中解約可能!

持ち家を購入した際に火災保険に加入される方はたくさんいます。
火災保険には様々な種類がありますが、長期契約での加入の方がお得になるケースが多い為、10年~20年のタイプに加入しているという人も多いでしょう。

火災保険の長期契約タイプに加入している方が、家の売却をする際、火災保険はどうなってしまうのでしょうか?
ここでは、引っ越しや家の売却の際に忘れてしまいがちな火災保険の解約についてご説明します。

まず最初に気になるのが、火災保険は途中解約ができるのか、ということでしょう。
実は火災保険の解約は、いつでもすることが可能です。
解約した際には、今まで支払ってきた保険料もしっかりと戻ってきます。

保険=掛け捨てと思っている人が多いので、保険料が戻ってこないと勘違いされがちですが、火災保険を扱う保険会社の多くは、火災保険を途中で解約した場合、今まで支払った保険料は返還するとしています。

しっかりと保険料の返還願いをしよう!

ただ、火災保険を途中解約する際には1点注意しなければいけないことがあります。
火災保険を途中解約した際、保険会社に保険料の返還を伝えない限りは保険料は戻ってきません。

火災保険の保険料が返ってくるということをわかっていない人の場合、引っ越しをした時に保険会社へ返金要求をしないケースが多々あるようですが、これは大変もったいないことです。
引っ越しをする、家を売却する、と決まった際には、火災保険の解約を必ず行い、今まで支払った保険料を返還してもらうようにしましょう。

火災保険を解約した際に返還される保険料の額は、保険会社によって異なります。
似たようなプランに加入している場合でも、返還する保険料の算出方法が会社によって違うので、火災保険を解約する際には、保険会社に確認をしたほうが良いでしょう。

保険の解約は早めに行うのが吉!

もしも、火災保険に加入した契約期間の残り日数が1ヶ月に満たない場合は、保険料が返還されない場合もあります。
長期的な保険に加入している場合なら、このようなことはあまり無いかもしれませんが万が一のことを考えて、引っ越しや家の売却が決まった際には早めに保険の解約をすることをオススメします。

引っ越し準備や売却手続きなどで何かと忘れられがちな火災保険の解約ですが、忘れずに行うことによりお金が返ってくるということをしっかり覚えておきましょう。
長期的な火災保険に加入していた方は、返ってくる金額にも期待ができるはずです。
保険料は返ってこないから…と思い込まず、火災保険の解約と、保険料の返還願いを行うようにしましょう。

u

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ